ツール
 ナビゲーション
 検索用星図
 データベース検索
 有名な場所
 流れる夜空
 画像を入手
 - フィールド
 - モザイク
 - スペクトル
 - プレート
 資料
 ツールのヘルプ
データベース検索

SDSSプロジェクトの質問ツールへようこそ!
SDSSのデータベースは何百万もの星と銀河の情報を含んでいます. あなたはいくつかのあらかじめ定義された問い合わせ(Query)を使ってわれわれの データベースを検索し特定の天体を探し出すことができます. 問い合わせ ページでは, あなたの入力した情報をもとにSQL(Structured Query Language) というコンピュータ言語で検索のためのコマンド(命令)が作られます. あなたは, 送信ボタンをクリックしてこのコマンドをデータベースに 送ります. それを受けてデータベースはあなたが入力した基準に合致した情報を, あなたが要求した形式で返します.

データベースを検索するには, 次の問い合わせの方法のうちから一つを選択し, 左のメニューバーの対応する場所をクリックして下さい

  • 円形領域:  指定された点の周りの円形領域を検索する
  • 長方形領域:  長方形領域を検索する
  • SQLによる検索:  SQLコマンドを直接入力する 

問い合わせページの各欄(フィールド)の名前と単位

  • 赤経, 赤緯 は天球上の座標.
    • これらは「度」あるいはそれぞれ「時:分:秒」, 「度:分:秒」 の表記で入力できます.
  • 半径 は質問「円形領域」における検索する円の半径.
    • 単位は角度の分。
  • u,g,r,i,z はSDSSにおける天体の明るさ(等級).
    • これらは紫外線から近赤外線までの間の5つの波長帯(色)で測った 光の強度を対数単位で表したものです.

問い合わせページにおける出力オプションと出力形式(フォーマット)

  • 結果: 返却される天体の数
    • すべて を選択するとすべての天体が返されます.
    • 上位 N個 を選択すると問い合わせに合致する最初のN個の天体が返却されます.
  • 形式: 出力形式(フォーマット)
    • HTML を選ぶとウェッブページ形式で返されます.
    • CSV を選ぶと, 最初に表題が一行ついて, それに続 いて1天体が1行にまとめられた, カンマ区切りのテキスト形式で 返されます
    • XML はまだ実装されていません.