研究課題
 基礎課題
 発展課題
 - ハッブル図
 - 星の色
 - 星のスペクトル型
 - 星のH-R 図
 - 銀河
 - スカイサーベイ
 - クエーサー
 挑戦的課題
 子供向け
 ゲームとコンテスト
 リンク
スカイ・サーベイ
 POSS
 超新星
 続超新星
 その他の波長
 赤外線(2MASS)
 X線(ROSAT)
 結論
 あなたの結果

他の波長でのサーベイ

可視光は電磁波のひとつの部分にすぎません。 あなたはおそらく、電波、マイクロ波、赤外(熱)放射、紫外線、X線、そしてガンマ線 のような名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 これらは全ての種類の異なる電磁波で、可視光とは単に放射の波長が違うだけです。 私たちの目は、たまたま波長が約5000オングストローム (5 x 10-7 m) あたりの限られた電磁波の領域に感覚を持っていて、その領域を可視光と呼んでいます。 この電磁波の領域は太陽の熱放射のピークでもあります。 つまり、私たちの目は太陽の光を受けるのに最大限に 適応しているのです!

SDSSは厳密な意味では、可視光のサーベイではありません。 なぜならばそのカバーする波長範囲は、わずかに紫外線にも、またわずかに赤外線にも わたっているからです。 現在、可視光とは異なる電磁波でサーベイ観測をしている天文プロジェクトもあります。

画像をクリックすると大きくなります

そのようなサーベイ観測のひとつが、 2ミクロン全天サーベイ(2MASS、Two Micron All Sky Survey の略)で、 アリゾナとチリにある1.3mの口径を持つ望遠鏡2つを使って、 波長1-2 mm の赤外線で 全天の地図作りをしています。 小さな矮星のような低温度の天体は、その熱放射の大部分を赤外線で放射しています。 そのため、2MASSではSDSSのような可視光でのサーベイでは見えない 天体を見ることができるのです。

2MASSの研究者たちはSDSSと同様に、 データをウェッブ上に公開しています。 2MASSは現在のところ、全天の約半分のデータを公開しています。

2MASSもSDSSのように、3つの異なるフィルターを通して取られた画像を 重ね合わせて、観測された天体のカラー画像を作成しています。 2MASSのフィルター(J、H、Kフィルターと呼ばれる)は赤外線の スペクトルの中で、1.25 mm、 1.67 mm、 そして2.17 mm 付近の波長を透過します。 2MASSのウェッブサイトの様式に従って画像を検索すれば、 これら3つのフィルターで得られた生の画像を見ることができます。

SDSSSkySErverの「有名な場所」にある天体のいくつかは、 2MASSサーベイでも見ることができます。 2MASSで得られた画像をいくつか見て、 それらがSDSSで得られた画像とどのように違うのかを見てみましょう。